HOME ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.03.23 Wednesday

あしまちゃんのホライゾン裏話

今世界中で駆け回っている女性初&最年少のV15完登ニュースですが、現場に居合わせた幸運と状況からの裏話をちょっと。

今回来日初日にして、早くも前回落ちた箇所のムーブをこなしていたものの、コンディションは未だ悪く、核心部や他のホールドは前日迄の雨の浸み出しで濡れたまま、乾く事はなかった。


2日目、状態は少し良くなるも核心部は浸み出しが続く中、本気トライが始まった。地元クライマーの棟梁的人物である陣内さん他の人達の協力で、ブローワー等々考えられる限りの方法を投入して、ホールドの状態改善を試みるも虚しく、そのホールドに到達する頃には既にジワッと湿り出してしまう。あしまちゃん自身も迷いが生じ始めたのか、足が切れたり力尽きたりと、最高到達点を更新出来ず。長期戦に突入を予期させる沈んだ雰囲気が漂う。
3日目、状態はかなり良くなり、浸み出しは残るものの、何とか拭き拭きブローワーで飛ばしのチョークアップを繰り返して、数分乾いた状態を維持出来る様になった。あしまちゃんの気持ちも一新して、最初のトライでは最高到達点更新、惜しくも核心最後の足ブラで振られた際左手の悪いジャムが剥がれてしまった。大ちゃんの初登時もここで何回も落ちていたというレッドポイント核心だ。明日からは又雨予報。プレッシャーも感じ始めていたかも知れない。実際後で曰く、「そろそろ決めないとダメかなと思った」そうな。で、この日2回目のトライで決めてくれました。


静かすぎて緊張した、と言うあしまちゃんのコメントを聞いて、唯一のギャラリーであるポッポさん(あしまちゃんのお父さん)と僕は、核心に突入するあしまちゃんへ果てしなく黄色に近い声援を送る。前回落ちた所では殆ど絶叫。ポッポさんのドスの入った「カモン!」があしまちゃんの魂に届いたのか、足の振られを耐えた。全てが完璧で流れる様な印象的なクライミングだった。
2015.08.26 Wednesday

トゥオロミ

バレー内に較べれば涼しいとは言え、気温が20度を超え陽射しが射すとなると、やはり日中は日陰を登った方が良いですね。パイウィックドーム・エリアのクラシック課題「Lost But Not Forgotten」V8。ルーフからカチを超えてリップ下のガバへ。柔らかい指皮には核心ムーブがしみます。背景のドームにあるルートは昔登った事があるのを思い出して感傷に浸る事暫し。


ヨセミテからの裏玄関&勝手口はタイオガ・パスを通って、モノ・レイク迄のこの下り。ワイルドです。
2015.08.23 Sunday

ヨセミテ

何度来ても素晴らしい場所。バレー内は気温が結構上がるので季節はやはり冬ですが、高地のトゥオロミは今頃がシーズン。新しいボルダリングのガイドブックも出たので、今迄殆ど行った事が無かったけど明日行ってみます。今回はバレー内のボルダーは時間が無いので、残念ながら割愛。


夕陽を浴びるエルカピタン。見る度に圧倒される。


メルセッド川に映るハーフドーム。
2015.02.23 Monday

新春ハイライト

早くも新年と言いながら2カ月経ってしまい、何だか焦ってしまいます。もっと詳しく報告したかった出来事ではありますが、駆け足で画像だけでもアップしておこうと思い立ちました。


米国ビショップのハッピーにあるMorning Dove WhiteトラバースV8。


同バターミルクのクラシック課題チェッカーボードV8。


恒例のソルトレイク、ORショー。


これ又恒例の東京展示会。


2月の大ちゃん道場。


新年早々ニュースだったのは、ポール・ロビンソンがイボルブのスポンサードになった事。
2014.11.04 Tuesday

比叡セッション

延期になったグラニット・セッションに向けて、更なる新課題の設定と準備が続く比叡の新エリアです。課題確認や打合せは現場でも続き、イベントが楽しみ。


易しめの課題も多数あって、初級者から楽しめる工夫も。先ずは右側カンテのV1でウォームアップ。


V4課題の美和ちゃん。


前回のエリアにある2/3段をトライ中の美和ちゃん。

あと一手!

比叡は河原エリアなども含めると、500課題を超えるエリアに成長中との事。新エリア開拓は未だ続くらしく、地元の協力と開拓者の皆さんには頭が下がります。

2014.01.01 Wednesday

登り納め

今年最後のクライミングは、ブローの95.2エリア。連続3日目で、後半はガバでも指が開く程ヘロヘロでした。


食べ納めは、フォンテンブローにあるお気に入りのチョコレート専門店フレデリック・カセルの絶品アペタイザーと海老、チーズ2種…そして年越しカップそば!


今日元旦は、雨がパラつく中バ・クビエーで何とか登り始めの儀完了。

画像は、雨の中押してダイノ課題を登るS君。

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
2013.11.25 Monday

宮崎比叡イベント

先週開催された新エリア公開&コンペ。200人を超える参加者で大盛況でした。エリアの岩質や課題の面白さ、スケールも素晴らしいレベル。将来も広がる可能性が沢山残っていて、楽しみです。


シューズ&マットのデモも開催。


地元の方達の協力もあり、とても良い雰囲気でした。


別の日に案内して貰った未公開エリア。Perfect Projectを含め、これからの楽しみが満載。

これがこの角度!


ジムの様なルーフ。


主催関係者の皆さんには、素晴らしいイベントを心から感謝します。御苦労様でした!
2013.08.10 Saturday

センダーワン

ロサンゼルス近郊のオレンジカウンティーにオープン先月オープンした、クリス・シャーマのジムを見に行ってみました。ショッピング・センターの中にある大型ジムで、ルート、ボルダー、キッズ用エリア、トレーニング施設全部が非常に充実している。この後オーストラリアに発つと言うクリスも丁度来ていて、イボルブ本社のスタッフも仕事の後に来ている。


大人でもやって見たくなるようなキッズ・エリア。


スポンサーの調度品も。
2013.08.10 Saturday

トラムウェイ・ボルダリング

出張の合間にカリフォルニア州南東部パームスプリング近くにある山頂台地のエリアを見てきました。数週間前の山火事で閉鎖中と言う噂だったので、手ぶらで期待せずにロープウェイで山頂へ。3000m近い高度迄一気に上がるので、下は40度を超える砂漠地帯でも上は20度ちょっとと言う快適さ。Tシャツだけだと肌寒い程だ。


着いて見ると、数百メートル離れたレインジャー・ステーション迄のボルダーは大丈夫な事が判明。意外と沢山あって、マットとシューズを置いて来てしまったのが悔やまれる事に。しかし、遠くには未だ燻る煙も上がっていて、何時又解禁になるのか心配も残る状態でした。

アプローチシューズで取り付くK女史。
2013.08.04 Sunday

ノースショア・ボルダリング

ホノルルで乗り継ぎの時間に見に来た、オアフ島のビーチ脇にあるボルダリング・エリア。冬はビッグウェーブにサーファーで賑わうビーチも、夏は
海水浴客だけで夕方になると暇なサーファーがボルダリングをクロストレーニングの為にやりに来る。でも、ハング帯も少しありV10位迄の課題は有りそうです。

クライミングシューズを持って来なかったので、裸足で取り付くK女史。

何と言っても、ランディングが砂地なのは最高でしょう。