HOME ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2012.08.21 Tuesday

ソーダ・スプリングス

これもガイドブックには載っていないドナー・パス付近のエリア。こじんまりしてますが、良い課題がV10位迄あります。


Fresh Tips V8/9をトライするキャロライン。
2012.08.20 Monday

レーク・タホ

カルフォルニアとネバダとの州境にあるこの美しい湖の周りには、未だあまり知られていないボルダリングのエリアが多くあります。一応ガイドブックも出ていますが、新しいエリアが増え続いている状態。少し北に行くと又未発表のエリアが開拓中とか。今後とも楽しみな所です。昨日はドナー・パスのサドル・ボルダーに行きました。この辺は皆オフロードを入って行く事が多く、SUVかトラックが欠かせません。

タホの風景


Nietzsche Boys V10のDustin
2012.08.20 Monday

コロラド

JUGEMテーマ:旅行


ソルトレークシティーのORショーの後は、大ちゃん&美和ちゃんとロッキーマウンテン周辺の岩場を回ってきました。マウントエバンスのリンカーンレークやロッキーマウンテン国立公園のエメラルドレーク等の従来のエリアに加えて、今年の春から開拓されたロッキーマウンテン国立公園内のワイルド・ベイシンや新たに発見された道路際のエリア、これも比較的新しいグアネラ・パス等々、ガイドブック著者のジェイミーと地元クライマーのブライアンや、はたまたクライミングを再開したボビー・ベンズマン等の人達に案内して貰い、ここ周辺の最難課題を総なめして(と言っても見るだけ)して来ました。V15が3個にV14が10個以上…コロラドは凄い所だ。

最適な季節はやはり秋口、標高が高い場所は9月〜10月頃の初雪前迄、低い所は10月〜11月という感じだが、極限を求めなければ真夏でも十分登れる。標高が最も高いリンカーンレーク等(3700m位)は、夕方で10℃前後の気温に下がっていく。4300m近い頂上では真夏に雪がちらつく事もあるとか。マウントエバンスは10月初頭で積雪の有無に関わらず道路が封鎖されるらしい。

アクセスの問題もあり、リンカーンレークはガイドブックに載っていない。マットを残置するのは何処でもNGで、これを知らない(振りをしているのか)遠方からのクライマーへの対処も少し問題になっている様だ。残置されると、汗を吸い込んで塩分があるスポンジをマーモット他の動物が食い散らかし、辺り一面がスポンジの破片で悲惨な状況になるという事。アプローチが長い所は毎回結構骨だけど、マット他の道具は持ち帰る事が肝要です。
2012.08.19 Sunday

Wild Basin

これもアプローチが15分と快適。

The Gray V14 ムーブを再現しようとするブライアン。ひっくり返りそうになっている訳ではありません。
2012.08.19 Sunday

Guanella Pass

アプローチが5分!と、云うのが超魅力。

Compression Matters V8の美和ちゃん


ツアーのクリュー。

Ice Knife V15
2012.08.17 Friday

リトルコットン ウッドに

早朝に行ってきました。
2012.01.09 Monday

ビショップ おまけ

ハッピーズの三ツ星V1を登るK女史。ハイボールですが、面白くて気持ちが良い課題です。
2012.01.06 Friday

ロッククリーク

昼の気温20度と言う異常気象で、少し寒そうな夏のエリアに行ってみました。小さなエリアですが、ヨセミテ的で好課題が揃っています。

キャンプグランド・ボルダーのオサマV6。

普通この頃は雪に埋まっているらしい。朝はさすがに寒く、着いた時は0度。道の氷にハート形に溶けたスポット発見!
2012.01.05 Thursday

ドゥルイッズ


サンダーウォールのサンダーV3を登るウィルス。

景色と開放感は最高です。この後スカイストーン迄行って仕上げ…午後からの半日だったので、最後のスカイダンスV6は又暗闇の中でやる事に。しかし、皆三つ星の良い課題ばかり。
2012.01.05 Thursday

ドゥルイッズ


昨日スーパーでリサ・ランズと御主人のウィルスに偶然出会い、今日は行った事のなかったエリアを案内して貰いました。ビショップの町からも近く景色が開けていて、気持ちの良い所です。約30分の登りがアプローチなのが唯一のハードルでしょうか。